売切御免!驚愕の事実!ぶっちぎりの回収率!一日で10万馬券を5本GETする究極の競馬投資術!前作を上回るバージョンU発表!これなら回収率5000%も夢じゃない!しかも全額キャッシュバック返金保障つき!

2006年11月27日

第六章-第8話 時限爆弾(3)

第六章-第8話 時限爆弾(3)

銀次郎は、灰田と一緒に秋葉原の投資顧問会社「青春館」に向かった。

銀次郎のかばんの中には1500万円の小切手が忍ばせてあった。

約束の午後2時に2人は、青春館の受付の前にいた。

受付の手前は円卓が5つ並んロビーになっていて、何組かが商談の最中だった。

入り口の直ぐ左にある部屋は素通しのガラスがはめ込まれていて、中の様子が一目で分かるようになっていた。

何台ものコンピューターが並んでおり、時々刻々と株価の動きを吐き出していた。

受付嬢に訪問の目的を告げると、彼女は内線で社長に連絡を取っているようだった。


2人は3階の社長室に案内された。

「よくいらっしゃいました。お待ちしておりました。社長の東山です。

話は灰田さんから伺っております。

この度は、私どもの外国為替証拠金取引に協力していただけるそうで、有り難うございます。

今この取引に参加されている方は1000人を越えました。

最低一口100万円ですから、それなりのお金を運用させていただいております。

バブルが崩壊して株価が低迷しているときでも、

確実に利益を上げて配当を出していましたから、投資家が付いてきたんです。

毎月5%の運用利回りを計上していますから、年間では60%になりますよ。

最初のうちは皆さんおっかなびっくりだったようですが、

儲けたお金をつぎ込んで、最近では1億円以上の大口の方も、10人超えました。

私どもは村上ファンドのような派手な事はいたしませんが、堅実に儲けを出していますよ。

ですから、私どもがこれはいいとお勧めすれば、

ワインファンドのように経験のないものでも、参加してくれますよ。」



東山社長は70歳に近いと思われるが、肌の色艶もよくどう見ても60歳ぐらいにしか見えない。

「金山社長はどんなお仕事なさっておられるのですか?」

「過去には色々やってきましたけれど、今はお酒の関係ですね。

プレミア付きの日本酒とか、ワインの輸入も少しやってます。

それと、今は灰田さんと組んで、アルゼンチンワインのファンドを仕掛けているところです。」


「そうそう、あのファンドはいいですね。実にいいところに目をつけられた。」

「いや〜、目を付けたのは灰田さんのほうで、私はただ乗っただけですよ。」


といって、銀次郎は灰田をヨイショした。



「ところで、金山社長さんは、朝は何時に起きられますか?」

「私ですか。私は結構早いですよ。4時には起きてますね。

それから新聞をじっくり読むんですわ。」

「さすがに、頑張っている社長さんは、朝起きるのが早いですね。

私なんか朝3時半に起きて、会社には7時には出勤してますよ。

必ず部屋の掃除と机の雑巾がけをして、それからパソコンを開いて、

資料を作るんですよ。」

「この資料は、僕が全部作ったんですよ。」


といって、机の上のA4判のプリントや小冊子を取り出した。

「私はパソコンを15年やってます。

55歳のときに始めました。

社員に資料の作成を頼んでも、遅いし、期待通りのものが仕上がってこないものだから、

自分で作る事にしたんですよ。

お陰で、頭もぼけませんよ。

社員は煙たそうですがね。

でもね、うちぐらいの規模では、社長自ら動かないと社員は付いてきませんよ。」

「さすがですね。御見それしました。これは、15口分の1500万円の小切手です。」


といって、かばんの中から、額面1500万円の先付け小切手を取り出し、東山社長に手渡した。

「有り難うございます。うちは色々事業やっていますから、

是非うちと組んで大儲けしましょうよ。

失礼ですけど、社長もそんなに若くはないようですから。

今仕掛けている事業は面白いですよ。

皆が『あっ』といって驚きますよ。

今日は時間がないので、今度お会いしたときにその話をしましょう。」


銀次郎は東山社長と固く握手をして、「青春館」を後にした。


帰りの電車の中で、銀次郎は感心していた。(灰田の交遊は多岐に渡っているな。いろいろ使わせてもらうか。)


第六章-第9話 時限爆弾(4)へ続く



ここまで来てポチしないで帰ったら詐欺罪で訴えるぞ!!
↓ ↓ ↓
banner2.gifにほんブログ村 小説ブログへ
ついでに、コメントもお願いします。貴方のコメントが私のエネルギー!


posted by ☆男 at 17:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 第六章 ハイエナの群れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
社長の東山さん。。。朝3時半おきってすごすぎる。

Posted by sainei at 2006年11月28日 09:29
東山社長のモデルは実在します。
と言うよりは、全てを空想で書ききれるほど、私の想像力は豊でありませんので、ある程度のモデルは存在しています。
私も、どっかでもぐりこませていますよ。
Posted by ☆男 at 2006年11月28日 11:04
えっ誰だろう。。。。
Posted by sainei at 2006年11月29日 10:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。