売切御免!驚愕の事実!ぶっちぎりの回収率!一日で10万馬券を5本GETする究極の競馬投資術!前作を上回るバージョンU発表!これなら回収率5000%も夢じゃない!しかも全額キャッシュバック返金保障つき!

2006年11月26日

第六章-第7話 時限爆弾(2)

第六章-第7話 時限爆弾(2)

「ところで、もっと効率よく出資者を集めたいんだけど、ナベちゃん協力してもらえないかな。

それなりに御礼はするからさ。」


と灰田が言ってきた。

「協力って、ワシに出来るかね?」

「なに、大した事じゃないですよ。小切手貸してくれないかな。」


「紙なんか何に使こうの?」

「大口の投資家がいるんですがね、そこは投資顧問会社をやっていて、

バーター取引じゃないけどわが社がそこの会員になることが条件なんですよ。

その会社の会員は1000人以上いますから、その会社がファンドに加わって、

ワインファンドを紹介すればその仲間が芋づる式に投資してくれるんで、

5億は確実に集まるんですよ。

ナベちゃんには色々世話になってるし、このグループの投資総額の10パーセント分配しますよ。

悪い話じゃないでしょう。」



灰田の話を聞いて、銀次郎の好奇心がにわかに活気づいた。


「何ぼいるの?」

ピーマン信金から融資が出たのか、銀次郎のガードが甘い。

「1500万程お願い出来たらありがたいんだけどね。

絶対迷惑は掛けませんから。

先付けで、再来月の15日の日付でお願いしますよ。

来月の末にまとまったお金が入りますから、その時に手数料を含めて、


1700万円振り込みます。

それが済んでから小切手を落としますから安心してください。

お礼といっちゃ何ですけど、格安のマンションを紹介しますよ。

ローンが2000万ほど焦げ付いた事故物件ですけど、評価額は3600万円ありますから。

200万円で名義を書き換えますよ。

何人かの名義に書き換わっていますから、善意の第三者で十分通用しますよ。

後は言わなくても分かるでしょう。

上手くやってくださいよ。

事務所にしても良いし、換金してもいいですよ。」


灰田は笑いながら言った。



「分かったよ。その話乗るよ。

ワインファンドの話はこちらでも感触がいいんで、楽しみにしているんよ。

久々に燃えてるよ。

ワシも銘酒パブとワインファンドで実業の世界で飯が食えるようになりそうだよ。」



そうなんだ。銀次郎さん実業家を目指してたんだ。御見それしました。


銘酒パブ1号店の名前は土壷に決まった。

「ヒノキの1合枡はカッパ橋で仕入れてよ。ついでに気の利いた器も頼むよ。」

「それと、帰りにDIYに寄って、ヒノキの板を買ってきてくれる。

のこぎりとかんなも頼むよ。木工用ボンドも。」

「そんなもの何に使うんですか?」

「秘密の細工をするんや。

1合枡の内底に板を一枚貼り付けるんや。

そうすると1合枡が8勺(しゃく)(0.8合)枡になるやん。

枡に注いでやるとき、受け皿にこぼしてやらなんだら、納得せんがな。

酒飲みはそうゆうとこ五月蝿いねん。

せやから、こぼしても10杯採れるように細工をしとくねん。」

「なるほどね。銀次郎さんそんな小技何処で覚えたんですか?」

「昔な、これに店持たせたことあんねん。」


といって、小指を立てた。



第六章-第8話 時限爆弾(3)へ続く


ここまで来てポチしないで帰ったら詐欺罪で訴えるぞ!!
↓ ↓ ↓
banner2.gifにほんブログ村 小説ブログへ
ついでに、コメントもお願いします。貴方のコメントが私のエネルギー!



posted by ☆男 at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 第六章 ハイエナの群れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銀ちゃん、そんな小細工をぉ〜笑

ポチポチ完了〜
Posted by sainei at 2006年11月27日 09:54
saineiさん

昔、そんなことやっている焼き鳥屋の女将さんがいたのを思い出して、使わせていただきました。

大雑把なようで、変に細かいところに気を使う、そんな銀次郎にしたいのです。
Posted by ☆男 at 2006年11月27日 12:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。