売切御免!驚愕の事実!ぶっちぎりの回収率!一日で10万馬券を5本GETする究極の競馬投資術!前作を上回るバージョンU発表!これなら回収率5000%も夢じゃない!しかも全額キャッシュバック返金保障つき!

2006年11月18日

第五章-第16話 ピーマン信金【融資】(1)

第五章-第16話 ピーマン信金【融資】(1)

有限会社U.S.O企画の当座口座には普通口座に比べて、取引企業の数が3倍に増えていた。

それに平行して、黄山のATMで見かける頻度も多くなっていた。


「末成はん。いてはりまっか?」

「これはこれは、金山社長。どうなさいました。」

「一寸相談に乗ってくれるかな?」

「どういったことでしょうか?」

「実は今度日本酒に力入れようと思ってね。」

「日本酒ですか?」

「今まで、満天クラブでアルゼンチンワインを販売していたんやが、

今度どうしても日本酒をやってくれって言われましてね。

やるからには、中途半端じゃ面白くないでしょう。

色々こちらから提案も出してOKもろうてるんですよ。」


と言いながら、銀次郎は陳列棚から化粧箱に入った日本酒を取り出した。

「末成はん。この酒呑んだ事あります。」

「久保田万寿って書いてありますね。

名前は聞いた事ありますが、呑んだ事はございません。

高そうなお酒ですね。」

「そお、呑んだことないの。

これ美味しいよ。1本お土産に上げますよ。

じっくり味わってください。」

「久保田って、確か新潟の酒ですよね。

この間の、中越地震で酒蔵が被害を受けた映像をニュースで見ましたよ。」

「新潟は米どころだけあって、酒も美味しいですよ。

今日本酒は焼酎に押されて人気が下がっていますけど、

根強い人気の日本酒も有るんですよ。特に新潟の酒は。」

「私は日本酒はあんまり呑まないんですけど、そうなんですか。」

「末成はんは、ヤフオクなんてやらはります。」

「いや〜、やったことないですね。」

「そやな、銀行員さんやから、そんなのには手ェ出しはらへんな。」

「そうじゃなくて、やり方がわからないんですよ。」

「ワシもやらんけどな、このオークションで高値で落札される酒ちゅうのがあるねん。」

「どんな酒ですか?」

「今言うた久保田の万寿やろ、それから越乃寒梅影虎八海山十四代などは定価より高く落札されているよ。」

「そうなんですか。」

「酒の利幅ってそんなに無いんよ。

普通2割5分しかあらへんねん。

ところがプレミアムの酒はもっと利益が出るんよ。」

「風祭さん、ネットでプレミアムの日本酒見てもらえます。」

「いいですけど、何を調べましょうか?」

「寒梅の別撰と久保田の万寿調べてくれる。」

「えーと、万寿ですけど1.8リットル定価8190円で楽天価格が13120円です。

高いのだと14000円超えてますね。寒梅は・・・」

「まあ、ええわ。凄いでしょう。末成はん。

定価で買うても、3割は儲かりまっせ。

馬鹿馬鹿しくて普通の酒なんかやってられませんよ。」

「いやあ、凄いですね。」

「特に、新米が出てから年末にかけてはドンドン値上がりするよ。

そのときになって買おうとしてもとても集められもんじゃない。

全国からブローカーが殺到するんやから。」




「特に久保田は『全国久保田会』という会を作って、酒屋を完全に組織化しとる。

なんたって生産量の9割方を割り当てして決めてしまうのだから、メーカーとしては安泰なわけや。

定価販売を徹底させていて、横流しなどの違反があれば荷をストップされてしまうから、

酒屋も言う事を聞かざるを得ないというこっちゃ。

全ての久保田会メンバーが順調に商売できているわけではないし、

特に夏場は日本酒そのものの売上が下がる時期だから、

在庫の処理に困っていると言う事情もあるわけや。

せやから、ワシらが商売できる下地もあるちゅうわけや。

その頃からせっせと買い集めておれば、義理があるから秋ごろから一見(いちげん)のブローカーが来ても、

そいつらには売らんでワシらに回してくれるのや。

そのために、仕入れる資金が必要になるんや。」



第五章-第17話 ピーマン信金【融資】(2)へ続く



銀次郎がここまでに使わされたお金の累計・・・1650万円

ここまで来てポチしないで帰ったら詐欺罪で訴えるぞ!!
↓ ↓ ↓
banner2.gifにほんブログ村 小説ブログへ
ついでに、コメントもお願いします。貴方のコメントが私のエネルギー!



この記事へのコメント
はい、登校です!
追いつきました。

焼酎も同じなんですよね〜
このリアリティは半端じゃないですね。
すごいです。

Posted by sainei at 2006年11月19日 10:39
saineiさん

はい、一寸取材しました。
面白かったです。
あんまり想像では書きたくないんで。
Posted by ☆男 at 2006年11月19日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27605316

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。