売切御免!驚愕の事実!ぶっちぎりの回収率!一日で10万馬券を5本GETする究極の競馬投資術!前作を上回るバージョンU発表!これなら回収率5000%も夢じゃない!しかも全額キャッシュバック返金保障つき!

2006年11月03日

第五章-第1話 会員互助会『満天倶楽部』(1)

第五章-第1話 会員互助会『満天倶楽部』(1)

いよいよ第五章の始まりです。

金借り屋銀次郎の真骨頂、銀次郎ワールドが炸裂する!?



舞台は、水玉邸の売却が進められていて、水玉が現金を手にした頃からの話である。

朴大中(パクデジュン)にいいように振り回された150億ウオン小切手事件から、

ようやく落ち着きを取り戻したが、銀次郎の事務所には相変わらず、

有象無象(うぞうむぞう)の輩が入れ替わり立ち代り訪れる毎日だった。

当てにしていた紅谷の2千万円は、車上荒らし(?)に遭い、

海の藻屑のごとく消えていった。

それ以来紅谷からは音沙汰が無い。

したがって、韓国の会社の役員になって、ゴールドカードを手に入れるという話も、立ち消えである。

2千万円が手に入る予定で、錦糸町にはワインを全部買い取りますといった大見得も反故になった。

尾ノ崎豊のミレニアムワインも塩漬けのままである。

400ヤードも飛ぶドライバーも資金難で暗礁に乗り上げている。


ないない尽くしの毎日である。


錦糸町からはワインを早く何とかして、と催促の電話が入るが、

元々物販など一度も手がけたことなど無い銀次郎にとっては、

おいそれと売れる代物ではない。

相手にしているのは、パクリ屋、引き屋などで全うな商売をしていない者ばかりである。

こいつらに売買を任せることはドブに銭を捨てるがごときであるから、

危なっかしくて出来やしない。



今日も朝から如何(どない)しようかと思案に暮れていると、金有がやってきた。

金有は、ここに出入りする輩の中では、いたってまともなほうである。

最終学歴は大卒で、大学では海洋生物学を専攻していたという変り種で、

卒業論文では、シラスを6,250匹解剖したといっている。

中々の博学であるが、その分浮気性で、といっても女性ではなく、

仕事に関して浮気性で、水産会社を出発点として、

薬・健康食品の販売会社、

計量器・事務機の販売会社と全く畑違いの会社を転々としていた。

とはいっても、最後は自分で経営していたと言うから、

仕事が嫌いと言うことではなさそうである。

この中では、風祭も毛色の違う部類であったのが幸いして、金有と気が合った。

あるとき、風祭が、

「金有さんが来てくれてよかったですよ。ここでまともなのは、金有さんと私ぐらいなものですよ。」

と言っていた。

「いやあ、私も風祭さんがいなかったら、たぶんここには来れませんね。

水玉氏とは、以前から仕事の関係で知り合っていたんですが、

居酒屋チェーンのFCをやりたいから資料が欲しいと言うので、

それを届けに来たのが最初で、そのうち水の話で盛り上がったんですが、

それも駄目になってしまいましてね。

まあ、銀次郎さんは実務面で詳しいようなので、

自分の会社のことで相談に乗ってもらえればと思ってきているんですよ。

今は私一人のワンマンカンパニーですから、

一人で会社にいても滅入るばかりですからね。

ここには、私が今まで付き合ったことの無い不思議な人たちが出入りしてますから、

面白いですよ。私には勉強になりますよ。」





いつものように金有が事務所を訪ねると、

丁度銀次郎、風祭、水玉の3人がワインのことで話し合っているところだった。

水玉が

「ディスカウントスーパーのビッグサンヨーは社長と兄弟のような付き合いだから、

私からお願いしたらいやとは言わないから、お願いして見ましょうか?」


しかし、銀次郎はなぜか無視していた。

「サンプルを何本か持っていってもいいですか?」

すると銀次郎は偉い剣幕で怒鳴り散らした。


「水玉はん、あんさんになんかには一切頼まないよ。


金輪際ブツは渡せへんで。


勝手なことすな。」


第一章で述べたように、銀次郎の骨折りで競売の一歩手前で自宅の売却に成功し、

現金を手にした水玉は、銀次郎に1銭も渡さなかったのだ。
(詳細は第一章をお読みください。)


水玉にも言い分はある。

あの値段だったら、銀次郎に頼まなくても何処でも売れるのだから、お礼するに値しない。

第一、水玉ストアーを滅茶苦茶にしたのは銀次郎じゃないか。

それに、家もなくなったから、アパートに住まなきゃならないし、当座の金もいる。

俺だって、銀さんのためにカードでキャッシングして金を作ってやったじゃないか。

嫌な思いもして、日掛け屋からも金を借りてやったじゃないか。

俺が金の工面をしなかったら、とっくの昔にブラックになってるんだよあいつは!


全く持って、自己中心の論理を展開し、お金を出さないことを正当化しようとしている。

銀次郎が怒っているのは、お金をくれないことではなく、

事情があってお金が必要ならば仕方が無い、

「これこれこういう事情でお金が必要だから使わせてくれ。」

と一言言えばいいじゃないか、となる。

お願いするときはへこへこ頭を下げて、お金が出たら知らん振りは、

「そりゃ無いだろう」となる。

「まあまあ、モット冷静になりましょうよ。

怒ったってワインは売れませんから。

とにかく、夏になる前に売ってしまわないとワインが湧いてしまって、

駄目になりますよ。

そうなったら、銭になるどころか、処分にお金が掛かっちゃいますから。」


と風祭がなだめ役にまわる。

3人のやり取りをコーヒーを飲みながら聞いていた金有が、


「面白いところがあるんですが・・・」

と切り出した。


「何やねん?」

銀次郎は怪訝そうな顔で金有を見た。


第五章-第2話 会員互助会『満天倶楽部』(2)へ続く 

銀次郎がここまでに使わされたお金の累計・・・1650万円

ここまで来てポチしないで帰ったら詐欺罪で訴えるぞ!!
↓ ↓ ↓
banner2.gifにほんブログ村 小説ブログへ
ついでに、コメントもお願いします。貴方のコメントが私のエネルギー!






この記事へのコメント
わーぃ、
いよいよ銀さんの活躍が始まりましたねっ。
わくわくしますよぉ。

ポチポチ、完了〜!
Posted by sainei at 2006年11月04日 10:01
ええ、そろそろ活躍しないと、読者さん離れて行っちゃいますからね。
ガンガン行きましょう。
Posted by ☆男 at 2006年11月04日 11:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26697441

この記事へのトラックバック

バイト辞めてきた
Excerpt: だって、ここで毎日10万稼げるようになったからなwww
Weblog: 今日からニート
Tracked: 2006-11-03 16:31

キャッシングローン裏技 キャッシングローンの全てを暴露
Excerpt: キャッシングローンに振り回されないために キャッシングローンの全てを暴露!!今すぐ必要な人、まとめたい人、比較検討したい人へ、ここだけは抑えろ!
Weblog: キャッシングローン裏技 キャッシングローンの全てを暴露
Tracked: 2006-11-03 23:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。