売切御免!驚愕の事実!ぶっちぎりの回収率!一日で10万馬券を5本GETする究極の競馬投資術!前作を上回るバージョンU発表!これなら回収率5000%も夢じゃない!しかも全額キャッシュバック返金保障つき!

2006年10月27日

第四章-第1話 150億ウオン小切手の怪(1)

ここから第四章の始まりです。

第1話 150億ウオン小切手の怪(1)

一時期、銀次郎の事務所に群がる海千山千のつわもの達を手玉に取った奴がいた。

本当の意味での実害は無かったが、

あわよくばという夢を抱いてその男が持っているという莫大な資金を当てにして、

色々な仕事を持ってきた者にとっては、思い出すだけでも腹の立つ男だった。



その男を、銀次郎に紹介したのは、黄山である。

その男の名前は、朴大中(パクデジュン)という。

黄山は業務用スーパーだけでは赤字の状態で店舗を増やさなければ、

にっちもさっちも行かない状況に追い込まれていた。

辛うじて、銀次郎と相互に保証人になり、ノンバンクからの借り入れで急場を凌いでいた。


そんな時、第二章で登場したニンニク百貨店の営業部長のとりなしで、

テナントの入れ替えを検討していた札幌店のフードコートに出店することが決まった。

この部長、中々の食わせ物で、裏で黄山と取引していたのは言うまでもない。

地方のちっぽけな百貨店とはいえ、格式を重んじる百貨店が、

食い物屋の実績が全く無い黄山に、出店を許可すること自体常識では考えられない。

裏に何かあると考えるのが、常識である。

黄山には何をやるかさえ、白紙の状態だったのだから。

なるようになるさ、ケセラセラである。

決まってしまって黄山は、はたと困った。

さあ、なにすんべー。

札幌まで行って、ラーメン店でもあるまいし。

札幌には札幌ラーメンと言う立派なブランドがある。

東京ラーメン、八王子ラーメンを持ち込んだところで返り討ちにあうのは火を見るより明らかだ。

たこ焼きや今川焼き、クレープなども芸が無い。

メロンパンは既にブームが去り始めている。

どうせやるなら、長く続かなければ意味が無い。

黄山は、アイデアを求めて新宿から大久保にかけて職安通りをブラブラ歩いていると、

あの激安の殿堂ロシナンテの1階でホトックという餅の様な物を焼いている店に遭遇した。

看板には、本場韓国おやきと書かれてある。

黒山の人だかりである。20人ほどの行列が並んでいる。

一昔前のサーティーンワン・アイスクリームとまでは行かないが、

中々の繁盛ぶりである。

若いカップルがこのホトックを、手に持って、

ホットドッグのように口にほおばりながら闊歩している。

これは、いいかもしれない。黄山はそう思った。

丁度小腹も空いてきたので、列の最後に並んだ。

食べて見ると、これが中々の味である。

日本のおやきに似ているが、中の具がアンコ、チーズ、ハチミツで、

もちもちの食感と程よい甘さがマッチしている。

黄山は、これならいける。なんたって材料が簡単で良い。

韓流ブームは暫く続きそうだし、クレープのように手に持って歩きながらも食べられる。

札幌の大通公園を若い娘がホトックを食べながら闊歩すれば目立つし評判になる。

これで行こう。黄山は即断した。


良いに付け、悪いに付け黄山は決断が早、というかあまりよく考えないで突っ走ってしまう。



黄山も気になりちょくちょくホトックを食べに立ち寄っていた。

何度食べても飽きが来ないし、後を引く。

これは本物だ。

黄山の自信は確信に変わった。

おあつらえ向きに、アルバイト募集の張り紙がある。

店の従業員を直ぐにアルバイトとして送り込んで修行に行かせた。


その店に毎日通ってきていたのが朴大中である。

黄山と朴さんは良く顔を合わせ、どちらからともなく声をかけるようになっていた。

朴さんは、とても人懐っこい性格で、物当たりが柔らかく、

韓流ドラマのペ・ヨンジュンに何処と無く似ている。

年のころは30をチョイ過ぎたぐらいだろう。

結構女性にもてるんじゃないか。そんな二枚目である。

朴さんの奥さんも中々の美人である。

さしずめ、美男美女といったところだろう。

朴さんの話では取引先のOLだったと言うが、

キャパクラで見たことがあるという噂もあるが、

本当のところは闇である。

第四章-第2話 150億ウオン小切手の怪(2)へ続く


銀次郎がここまでに使わされたお金の累計・・・1650万円

ここまで来てポチしないで帰ったら詐欺罪で訴えるぞ!!
↓ ↓ ↓
banner2.gifにほんブログ村 小説ブログへ
ついでに、コメントもお願いします。貴方のコメントが私のエネルギー!


この記事へのコメント
禁断症状がでてきちゃいました〜笑
なにやら、またおもしろそうな人物、朴さん。

ポチポチ、忘れずやっときまし。
Posted by sainei at 2006年10月28日 10:58
ぼくちゅうが書籍化や映画化の話題で盛り上がっていますので、こちらも力(りき)入っちゃいます。(笑)
あちらは、学園物でみんなの知っている世界、こちらは闇の裏世界。でも、一寸は覗いて見たくなる、そんな世界を描けたらと思って書いています。
Posted by ☆男 at 2006年10月28日 20:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

裏アルバイト 紹介します 
Excerpt: 裏アルバイトを紹介します。私の友人は今楽して年収3000万です。最近私も始めて半年で500万ほどもうかっています。 しかもかなーり楽して稼いでます。
Weblog: 裏アルバイト 紹介します 裏アルバイトで楽して稼ぎたい方はこちらへ
Tracked: 2006-11-01 23:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。