売切御免!驚愕の事実!ぶっちぎりの回収率!一日で10万馬券を5本GETする究極の競馬投資術!前作を上回るバージョンU発表!これなら回収率5000%も夢じゃない!しかも全額キャッシュバック返金保障つき!

2006年10月09日

第二章-第16話 日本タワー(1)

第16話 日本タワー(1)

じゃ、明日から来させますから、よろしくお願いします。

息子をお願いするんですから、今度は良い話を持ってきますよ。」


といって、紅谷は席を立った。

「俺も失礼するよ。新宿に用事があるから。」と灰田。

銀次郎もタバコを買うといって、外に出た。

事務所の目の前にあるタイムズには、紅谷の乗ってきたシルバーのメルセデスがあった。

2人はメルセデスに乗り込み、

「金山社長では、失礼します。」

と軽く会釈して、車のキーを回し。アクセルを軽く踏んだ。

2人の乗ったメルセデスは、新宿方面に向かって走り出した。

2人を見送った銀次郎は

「紅谷。こいつは本ま物んや。あいつを抱きこんだろ。大きな絵が描けるで。」

と考えていた。



車の中では、灰田と紅谷の笑いこけている姿があった。

「な〜、いけるだろう。」と灰田。

「まあな、5,6百。上手くいって1本てとこかな。後のことも考えておかんとな。」


メルセデスは新宿の純喫茶「ゴッホ」の近くのパーキングタワーに吸い込まれていった。



翌日、一人の青年が銀次郎の事務所に現れた。

「おはようございます。紅谷 満(べにや みつる)です。

親父に言われてきました。どうぞよろしく。」

「おう!あんさんが紅谷さんの息子でっか。」

「親父さんも良い男だけど、あんさんも良い男だね。

しかし、顔はあまり似とらんね。お母さん似かな。」


などと愚にもつかないことをいいながら、

「今日から頼むで。ほな、あんさんの机はここや。」

といって、左側の事務机を指差した。

「とりあえず、何を頼もうか?」

「何なりとお申し付けください。金山社長。」

「社長と呼ぶのは勘弁してくれる。なんかケツの穴がこそばゆくなってくる。

『銀さん』でいいよ。」

「それでは帳簿でも見ましょうか。」

「ほな、そうしてくれる。それから通帳と銀行の管理やっといて。

ワシの居ない時は電話番も頼むよ。」


それから紅谷 満は、事務所に顔を出すようになった。

満の仕事ぶりはそつが無く、銀次郎は大概のことは満に任せるようになっていた。

そんなある日、満の親父の浩二が事務所に訪ねてきた。

「満の奴どうですか。ちゃんと仕事になってますかね。」

「満ちゃんね。よくやってますよ。助かります。」

「そおですか。それを聞いて安心しました。」

「息子がお世話になってるし、恩返しをしようと思って、

良い話を仕入れてきましたよ。


出来立ての最新情報。」

「何ですかぁ。」

「社長は、日本タワーに昇ったことありますか。」

「中学のとき修学旅行で東京にきて、そのとき昇ったよ。」

「あそこに結構事務所があるのご存知ですか。

中々空きが無くてね、空いても予約で直ぐ埋まってしまうんですよ。」

そこまで話すと、紅谷はタバコに火をつけた。

「実は私の知り合いの不動産屋が管理している物件が近々空くんですよ。

5階です。80坪ぐらいあるかな。何やっても良い場所ですよ。」

「日本タワーか。おもしろそうやね。」


何でも首を突っ込みたがる、銀次郎の性格を知った上での誘い水である。

「今なら優先的に回してもらえますから、値段は後にして、見るだけ見に行きませんか。

私の車で行きましょう。車の中で他にも面白い話ありますから。」

「時間大丈夫なの?ほな行こか。」
銀次郎は紅谷のメルセデスに乗り込んだ。

銀次郎がここまでに使わされたお金の累計・・・800万円

第17話 日本タワー(2)へ続く



ここまで来てポチしないで帰ったら詐欺罪で訴えるぞ!!
↓ ↓ ↓
banner2.gifにほんブログ村 小説ブログへ
ついでに、コメントもお願いします。貴方のコメントが私のエネルギー!


この記事へのコメント
なんだか、銀さんがかわいそうになって
きましたよ〜
また騙されちゃう。
ペテン師、すごいですね。
Posted by sainei at 2006年10月10日 10:12
大丈夫ですよ。多分。主役ですから。
でもどうなっちゃうんでしょう。
僕も心配になってきました。
Posted by ☆男 at 2006年10月10日 10:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25151827

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。