売切御免!驚愕の事実!ぶっちぎりの回収率!一日で10万馬券を5本GETする究極の競馬投資術!前作を上回るバージョンU発表!これなら回収率5000%も夢じゃない!しかも全額キャッシュバック返金保障つき!

2006年10月03日

第二章-第10話 青年実業家?黄山

第10話 青年実業家?黄山

灰田は頭の中で儲けの計算をしていた。

実際の仕入れ値は1本50円だから、銀次郎が用立てた450万円を元手に、
9万本仕入れることができる。

18,000本を銀次郎に渡しても、72,000本は丸々手に入る。

これを、1本150円で売れば、1080万円の丸儲け

自分のお金は1銭も使わないで、1080万円のぼろ儲けになる。


これだから、この稼業は止められない。


「ナベちゃん。実は一寸厄介なことがあるんだ。知らなかったんだが、

酒の輸入には酒の免許が必要らしいんだ。」

「えっ、本当!勝手に輸入できないの?」

「誰か免許持っている奴知らない?それさえクリアーすれば、

来月にはまとまった金を手にできるんだがなあ。」


銀次郎は暫く考えていたが、やがて右のこぶしで左の手のひらを軽く叩いて、

「ピッタリな奴がおったわ。たまたま焼き鳥屋で知り合った奴なんやが、

そいつが酒のディスカウント店やっておって、意気投合したんや。

一緒に商売やろうってな。そいつに輸入元になってもらおう。」

「それは、願ったり適ったりや。」


またまた、新たな人物の登場です。

この物語は、いろんな役回りの人間が出てきますから、判らないときはトップページの『主な登場人物』を参照してくださいね。


新たな登場人物は、酒のディスカウントショップチョンボ・クリエイトを

経営している黄山 治(こうやま おさむ)である。

黄山は銭のにおいを嗅ぎ付けることに関しては、天才的な能力を発揮する男である。

勿論、黄山が銀次郎と付き合うようになったのは、

銀次郎に金の臭いを感じたからである。



銀次郎は黄山の携帯電話に電話した。

「あっ、黄山さんですか?金山です。先日は遅くまでつき合わせて悪かったね。

あの後真直ぐ帰りました。それはよかった。」

「金山さん。こちらこそご馳走様でした。ところで何か用事ですか?」

「そやねん。用事がありますねん。あんさん、酒の免許持ってはりますよね。」

「そりゃ、うちは酒屋ですから、免許無いと営業できませんから。」

「実は、中国から紹興酒を安く輸入できるんやけど、免許があらへんねん。

お金もラベルも用意でけてるんやけど、肝心要の免許があらへんのや。

何とかなりまへんやろか。」

「いいですよ。そんなことなら、お安い御用です。

ところで、私にも売らせていただけるんですか?」

「当然やがな。ぎょうさん売って儲けてくださいよ。」



銀次郎がここまでに使わされたお金の累計・・・800万円

第11話 酒販免許(1)へ続く


ここまで来てポチしないで帰ったら詐欺罪で訴えるぞ!!
↓ ↓ ↓
banner2.gifにほんブログ村 小説ブログへ
ついでに、コメントもお願いします。貴方のコメントが私のエネルギー!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24838133

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。